(注:このブログ、及び私ツタヤはCD・DVDレンタルのTSUTAYA様とは何も関係ございませんので、ご了承ください。)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
どうもこんにちは、ツタヤです・∀・ノ
何回か続けているエントリ「元MRから見たCROについて」が、製薬関連業界で働く皆様(特にMRの方)中心に、多くの方にお読みいただいているようで、なんだか嬉しいです。
※そのままキラーコンテンツ化してしまったらいいのにとか思ったり笑

で、その読者様の中には、やっぱり社会人なりたての方、あと学生さんもいらっしゃるんですね。
今回は、そういったまだ主に20代半ばくらいの方に、ツタヤ的な提言をさせていただきます。

タイトルの通り、「素直であることの弊害」。
たくさん成功している人ほど素直であることを意識していたみたいな経験談出てますけど、
あれ、表面だけを読み取って、誰に対してもバカ素直に意見聞いてたら、結局大成功できないと思うんですよ。
それについて、書いていきます。

・・・・・・・・・・

例えば、自分を想って周りの人がいろいろ言ってくれることってあると思うんですけど

別に他人と自分が共に満足できる程度のクオリティを満たしていれば、
例えば90点を95点や100点に引き上げるような努力なんてするべきではないと思うんですよね、ぶっちゃけ。

それを仕事に置き換えると、お客様(もしくは評価者)と自分が共に満足できてるラインを満たしてる状態なら、
第3者が人間が自分を想ってそれ以上を求めてきたとしても、それに応えることなんて不必要な気がするんですよ。

・・・・・・・・・・

人生での一番大きな目標を「幸せになること」って定めた場合、
必ずしも仕事だけで図抜けた成功を残すことではないと思うんですね。

仕事以外に、恋愛だとか家族をつくること、友達づきあい、趣味、他いろいろ…
幸せになる条件なんて人によって違うし、同じ人だって年齢によって違うと思うし。

だから、第3者には、「自分の望む幸せ」とか「なりたい自分」なんてものは分からないと思うんですね。

でも、周囲には自分に目をかけてくださって、自分を導こうとしてくださって…
って気概の第3者もいるかもしれないわけじゃないですか。
それって本来幸せなことなんだとは思うんですが…

いろいろ言ってくださる人が、「自分の目指す人」じゃなかったとしたらどうします??

例えば、仕事であれば
別にそんなにやる気もないのに、猛烈に仕事できる人から目をかけてもらえて、いろいろ親身に教えてもらえたとしても、
うざいだけじゃないですか。

逆に、もっと仕事を頑張りたいのに、別にたいしたことな上司や先輩から気に入られていろいろ親身に話しかけてもらえたとしても、
邪魔なだけじゃないですか??
※てか、そんなに仕事頑張りたいなら、目標としたい人を設定して、仕事を「盗みに行く」のがまず先決かと…

どっちのケースとも、最小限の関係を保てる対応に留めるべきで、
自分の考えや気持ちを分かっていない第3者に素直になる必要なんてないと思います。

・・・・・・・・・・

もうここまで書けばご理解いただいているかと思いますが、
誰にもかれにも素直であったって、結局矛盾が生じるか、もしくは心が疲れるだけだと思うんですね。

「望む分野」で「望む程度」の成果を挙げられれば、
それ以上は望まないで、別のことを望むのがいいと思うんですよ。

たくさん成功している人ほど素直であることを意識していたっていう冒頭文に触れるのであれば
「成功したい人」が「成功した人」=「目指したい人」に対して素直であることを意識してたって話であって、
つまり
①自分がどうなりたいかを決めること
②「目指したい人」をうまく選び出すこと
③その人に対して徹底的に素直であること(てか考え方や行動を真似ること)
④他は脇目をふらないこと
このあたりをしっかりやることを意識してたってことだと思うんですよ。

※一般の「成功者」のイメージだと、仕事の目指すレベルが極端に高かった人たちかと思いますが…

「成功って心の成功だと思う」ってことを、まぎれもなく金銭的に成功した人が言ってたのを聞いたことがあります。
成功したとか失敗したとかは関係なく、自己実現のために、とか、幸せになるため、って考えたら、
結局取捨選択なんだと思います。

何が自分にとっての幸せなのか。
自分はどのようになりたいのか。
誰を信じ、代わりに、誰を信じないことにするか。
何を行い、代わりに、何を行わないことにするか。
みたいな。

・・・・・・・・・・

とか書いたけど、ツタヤ自身は「何が幸せか」「どうなりたいか」が相変わらず見えていませんorz
だから仮に仕事で昇進とかしても別に嬉しくないと思います(給与があがれば少しは嬉しいですが)。

とりあえず考えてることは書きましたので、共に頑張りましょう!

スポンサーサイト
2015.10.12 / Top↑
ツタヤ@おバカ時々哲学。
って天気予報か!って感じですね。

今回、突然タイトルのようなエントリを書いてみようと思いました。
そういえば、自分が営業をやめて、でも営業には魅力を感じ、でも営業には戻りたくないと思ってるいろいろ。

って長くなりそうだから、最近の仕事でのモニ報書くときみたいな記載方法で要点だけ先にまとめると…

【営業職に対するツタヤの見解】
<長所> 人間力あふれる人が多い
<短所> 結局世界をよくできるかどうかは製品次第
<所感> ところで他の職業って、営業ほど人間力ある人いないよな

って感じで。


くわぁーーー!!つまんねぇ!!
いやツタヤ、正直報告書って好きになれないんですよ。
MR時代の日報もこのブログも「いかに情景が思い浮かぶか」「いかに感情や感覚が伝わるか」を意識して書いてまして、エモーショナルな文章はブロガーツタヤの基本ってか、一番大切にしたい概念なんですね!でも報告書ってこの対極の概念を行くもんですし。
…まぁ、嫌いで苦手だったからこそ「克服すべきもの」として現在頑張っておりますが。

・・・・・・・・・・

余談が長くてすみませんorz
早速ツタヤの思う営業職の長所「人間力あふれる人が多い」って点いきます!

営業職って、やっぱまず営業マンが信用されているか好かれているか、とにかく何らかの形で最初に人として評価されてないと、その後商品を買っていただくことって難しいと思うんですよ。
能力自体だったり、キャラだったり、人柄だったり。
でも、仕事中だけ魅力的な人演じてる人もいるとは思うんですが、やっぱそうじゃなく、普段の場合も含めた「人間力」自体が高めな人も多いと。

それを思ったのが、つい先日でした。
ツタヤが今から5年前(25才と半年ほど←当ブログ開始前)、ちょうど最初に転職を考えだした頃、折よく声をかけていただいた某外資系生命保険会社の営業マネージャーが、出世して支店長クラスになったということで、お会いしてきた時のことです。

お会いしたのは5年ぶりだったのですが、うーん、なんなんでしょう。
支店を経営していく中での心がけのきめ細やかさ・徹底度合いが半端ないっていうか…
って言っても伝わらないと思うので、例えを2つ下に出すと

・京セラ稲盛さんがJALを立て直したのは、社員の意識改革だった
・森信三先生「時を守り、場を清め、礼を正す」

みたいな。そういう人として当たり前のことに対する、当たり前とは思えないほどの徹底ぶり。

でも、ツタヤが思うに。
こういうことを強く心がけられるかどうかって、(特に営業の場合)どれだけ苦労して仕事をしてきたか、どれだけ辛い思いしてきたかと結構比例する気がするんですよ。
本当に辛い局面で、自分の中の甘えとか気を抜いちゃう部分とかを排し、いかに克己的に「良い自分」であれるか。
みたいな。

営業職って数字が足りなかったり辛い局面でも、相手に勝つため、自分に勝つため、結果出すためにいろいろ乗り越えなきゃいけない瞬間があって。
で、乗り越えられた時もあって、乗り越えられなかった時もあって。
真剣に仕事をすればするほど、そういうプロセスや結果の中で、人を見る力だったり、自分に対する厳しさ、人に対する優しさ(時に厳しさ)が結構自然に備わっていくと思うんですよ。

簡単に言えば、人間力養うにはぴったりな職業なんかなって。軽いまとめだなΣ(^o^;)

・・・・・・・・・・

でも、その一方で短所「結局世界をよくできるかは製品次第」。

これがツタヤが営業をやめた一番の理由。ってことを今にして思えます。
この意見は、ツタヤ以外の世界の全員が否定しても絶対に曲げる気はありません。
※ちなみにMRでは「いい薬は売らなくても売れる」って言葉があります。

営業もマーケティングも、ツタヤの中では価値の最大化ではないと思うんですよね。
どっちかって言うと、価値の最速の最大化、あと最大値の維持。
もしくは、最大値を超えるための作為的行為。

競合商品がいくつもあれば、結局商品力の差だけでマーケットの占拠割合の「収束値」はある程度決まると思うんですよ。
あとは先行特権というか、先に売ってデファクトスタンダードをつくってしまうか。
そこに営業力をきかせて、あるべき収束値から一定の割合で人為的に占拠割合を変えることは出来ますし、メーカーによってはそのわずかに占拠割合が多くなった分生じた収益で食べて行けちゃうところもあるんでしょうけど…

でも、それってまさに、製品の押し売りのことだと思うんですよ。
別にメリットのない消費者に押し売りして、ありがとうの意味が希薄な対価を得るみたいな。

もしくは、作為的行為を超えた、倫理的犯罪。
商品を過剰に良く見せて、マーケットの占拠割合を変な形で収束させてしまうこと←薬でいうディオバン騒動みたいな

自社製品に対する、この世界に対するあふれる思いで営業の仕事を出来るとしたら、それってすごくやりがいに満ちた仕事だと思うんですよ。
目の前のお客様から受け入れられ、製品を買っていただき、ありがとうの対価としての収入を得て、そして世界がいい方向に変わっていけば、働いてる方としても幸せだと。

でも、多分無理です。
製品に関しては自社製品よりいい製品がいずれ出てしまうわけですし。
営業がどれだけ頑張っても、まっとうにやる限りは最速の最大化か最大値の維持くらいしかできないと思います。

そして、それが営業職の、職業としての限界だと思います。

・・・・・・・・・・

でも、そうやって営業外れたツタヤが、営業以外の場を見て思うのが、
人間力あふれる人って意外と少ねぇ!!ってこと。

いや、そんな人間力を発揮したり、あと鍛錬できる場面がなかなかないってのはありますけど!
それにしても、何かもったいないんですよね!
この世の中には人様の役に立つ仕事がごまんとあふれかえって、いろんな人がいろんな人と一緒に仕事をしてる訳じゃないですか。
でも、人は人で磨かれるってのに、そういう磨かれる場とか、磨く側の人が少ないとしたら。

っていうツタヤ自身も、多分今では結構さびれてる部分があると思います。
目の前の仕事にとらわれがちになって、自分に対して、周囲に対してどこか気が及んでいないところが。
社会人入ってからも、結構いろんな体験してるはずなのに、どこか忘れてるところが。

今年になって、仕事が忙しくなったり、後進の方の指導的なことをするようになってから、いいタイミングで5年ぶりの人間的刺激を得られたと思いました。
今自分が何を出来るか、どんな自分であれるか。
独立を諦めた3年前頃からどこか思考停止気味だった頭と心を、折をみて少しずつ前へ前へ進めるよう回していけたらと思いました。


P.S. ちなみにその外資系生命保険会社、過去のエントリでツタヤが批判した会社です。
   (個人レベルでは、本当に尊敬できる人もいる会社なんです。)
P.S.2 そういえば、最近ある親しい方から、将来的に人事職なんてどう?と言われました。
   (意外でしたが、面白そうな気もして否定せず。そういえば、今後のためのひとつ参考に出来るかも・・・?)

2015.05.04 / Top↑
やばい。

最近忙しい。仕事が。

でも、だんだん業務の全体像がつかめて来てる。

MR時代を思い出す。
忙しいけど、毎日ヒーヒー言いそうだけど、
その分研ぎ澄まされるみたいな。



…でも疲れるなorz
年齢にはかなわないぜf^_^;


・・・・・・・・・・

完全に余談ですが
30日で彼女いない歴10年*\(^o^)/*



2015.01.20 / Top↑
連日投稿(・∀・)ノ
いや今月ヒマなんですよね…7月くらいに仕事が落ち着いたのと、8月のような予定も全然なくて。
そんなわけで、文学の秋?を嗜んでます。

さて今回は…
28才頃からツタヤが感じてた、タイトルのテーマについてつらつらと(・∀・)ノ
例として製薬関連を出しますが、その後一般化しますので、馴染みのない方は直下の例は読みとばしてください。

・・・・・・・・・・

ツタヤ@社会人7年目、うちプーや保険やってた1年を除けば、製薬関連の仕事が多かったわけですが。
製薬企業(メーカー)って、営業以外の業務がほぼ全て東京に集中しているんですよ。
そうじゃないケースがあったとしても、一部大阪や神戸に本社のある会社のみ(←こういう会社でさえ業務の東京支社委譲が行われるケースがある)。
だから、例えばメーカーから業務を受託するCROも、東京本社&大阪支社(一部は逆)なんてケースがかなり多い。

つまりですね、
例えばツタヤみたいな東海地方出身者が地元に帰ろうとか思うと、製薬関連の業務に固執すれば、会社や職種がかなり限られる。
実際、ツタヤの場合で言えば、一部の名古屋に支店のあるCROか、SMO(治験施設支援機関:製薬会社ではなく医療機関側の業務を受託)か、転勤の可能性を抱えたままMRやるか。
それ以外にないんですよね。

SMOに関しては、医療機関が全国にある分、支店も全国にあるから、CRO以上に地元密着な働き方が出来ると思うのですが。
一般にメーカーも含めた収入の序列を記すと、多分、メーカー>CRO≧SMOって順になります(多分)。

そんなわけで、製薬業界で言うと、高い収入を求めメーカーで働こうとしたら、どうしても東京近辺か、運が良くて大阪近辺に住まないといけなくなるんですよ。

まぁそんなこと言うと、ツタヤは一部CROが進出してる名古屋近辺の出身だから、まだ恵まれてますが。
もし札幌とか仙台、新潟、金沢、岡山、広島、高松なら、SMOかメーカー支店学術職しかない。
他の都市だったら、製薬関連の仕事があるかどうかも多分危うい。

・・・・・・・・・・

すみません、例が長くなりました。
一般化すると、知識集約型の産業って、どこも製薬と同じく、本社機能が東京か一部大阪とかに限られると思うんですよね。ITも、保険も。いろいろ。

そうじゃなくても、大企業になればなるほど、本社機能は都会を求める。
メーカーの研究と製造は別として、マーケティングとか会社の意思決定に関わる中枢部分って、そうだと思うんですよね。
つまり、ホワイトカラー的な職種って、都会に偏る

で、一般に安定して高収入なのは、ブルーカラー的な職種より、ホワイトカラー的な職種になる。
(医者とか、工場勤めとか、残業ガンガンするタイプを除く)
なので、高収入を得ようとしてホワイトカラーとしての就業を望むなら、どうしても就業場所が大都市に偏る。

さらに言えば、上場企業とかのホワイトカラーってなると、営業(転勤つき)と支店内勤職(一般に収入高くない)とかを除けば、もう圧倒的に東京と大阪に限られる。
みたいな。
この例外になるのって、ツタヤが知ってる限りは自動車業界か銀行、あと名古屋近辺くらいなんですよね。
※名古屋近辺で言えば流通業(ユニー、スズケン)、食品(敷島パン、フジパン、ミツカン)とか、業界大手なのに本社機能が愛知県内にある企業が結構多いので。

だから、例えばそこそこ名のある大学に在学中の学生さんなんかが上場企業に勤めようとか思ったら、営業か支店内勤をやる以外は、東京か大阪での就業に限られちゃうと思うんですよ。

そんでもって、こうしたホワイトカラー的職種に関する就業機会の差が、都会と地方の間の収入格差につながる。
ひいては、都会と地方の子供の学力格差なんかにも結びつく。
で、そういった子供が大人になって就職する時、ホワイトカラー的職種につける可能性も違ってくる。
あれ?収入格差って開く一方じゃない??

そりゃ地方での人口の過疎化も進むよ…
せっかく大学まで出たんならホワイトカラー的職種つきたいし。

あー、書いてるうちにツタヤなんか名古屋圏出身だからまだ恵まれてる方だと思えてきたorz

・・・・・・・・・・

…とまぁ、意図せずとも問題提起な形になっちゃったんで、ツタヤなりにこの都会と地方の就業機会格差、ひいては収入格差、地方の過疎化問題なんかに結論をつけてみますと…

どうしようもありませんね。

だって安倍首相は東京をはじめ、都会の競争力を高めて行きたいんですよね?
そんなことしてたら、優秀な人材ほどますます都会に出て行くと思うんですよ。
で、人が集まるところに会社の本社機能も集約されていき、ホワイトカラー的職種の地域的偏りは悪化することはあっても改善はしない。
かといって、仮に会社の本社機能だとかを強制的に地方に移転させたとしたら、それは都会の競争力低下を免れない。

いや別に安倍さん嫌いじゃないですし、都会の競争力向上は賛成しますが。
話を戻すと、つまり
地方で働くってことは自分の可能性を犠牲にすること
だと思うんですよ。ツタヤ的に。

若い時にもつ、漠然とした都会への憧れって、いずれこういう気づきにつながると思うんですよね。
若くても都会の方が人口がいて、情報があって、カネがあるってことくらい感覚的に分かると思うんですが、実際地方から東京とかに出てきたりすると、現実的なレベルで分かっちゃうというか。
そんでいざ30才前後になるかとか結婚するか親が体調崩したかとかで人生の岐路に立った時に、今後どうすればいいんだ?って思っちゃうというか。

だからもしツタヤが地方出身の若い人に言うとしたら
都会に一度出て地方に帰るとしたら、失うものがたくさんありますよっていうこと。
年収もそうですし、あとは働く上での自分の可能性ですね。

・・・・・・・・・・

とか、書き進めてみると意外と文字になるものですね…
ツタヤ自身これって現在進行形な悩みだったりするし、こうやって文章にしていつか読み返してみたりしつついろいろ考えないといけないなぁ。

うーん、
物思いの秋(´ー`)ひどいまとめだ笑

2014.09.14 / Top↑
いやー1/11(土)から先週まで

土曜:外出(結婚式・同窓会関連)
日曜:企画・内勤作業(これまた結婚式・同窓会関連)

で、まともに時間を割けない土日がずぅぅーっと続いておりました(;´д`)
仕事も今年入って忙しくなったってのに、同じタイミングで私生活まで忙しくなるとは…(>_<)

特に先週は15(土)~16(日)とも大阪(&和歌山)で、電車の中でも眠らずスマホで友人結婚式企画とか進めてたので、全然疲れが取れなかったのですが…
その状態で17(月)以降毎日22時過ぎまで残業+帰っても結婚式・同窓会関連いろいろタスクをこなすという生活…

電車で何回も乗務員さんから「お客さん、終点ですよ」って肩を叩かれましたねorz

そしてそんな状態で昨日も朝から友人結婚式打ち合わせし、その後連絡があり近くに来た保険屋時代の同期とお茶したのですが…

夕方からは完全にスイッチオフ、寝落ちました。
そして夜目覚め、軽く食事し、見れなかった失恋ショコラティエをネット配信で見て(笑)、部屋を片付けて、再び寝て、今日昼起きました。

そんな状態で、ツタヤが今、家でしているのは…

仕事\(^o^)/

・・・・・・・・・・

でもここから変なこと書くかもしれないのですが…
休日、しっかり寝た状態でマイペースに仕事するのって、なんか「気持ちいい」んですよね。
仕事を追ってる感覚がして。

やっぱり仕事って、毎日目の前にあるものばっかりをこなしてたら、結局追われっ放しで全体像を認識できないまま終わっちゃうと思うんですよね。
それって、すっごい屈辱的って言うか。

だったら、時給が発生しなかろうが、休日のうちに体勢を整えたいんですよ。
そんでもって、「こう進んだとしたら、次どうするべきか」みたいな仮説をいくか頭の中に置いてある状態にしておきたいんですよ。

やっぱり仕事って、手をつけた部分や知ってる部分が多いほど、相互の関連とか全体像が見えて、スピーディーに進められると思うし。
それなら休日のうちにしっかり資料の読み込みとか勉強とか、お客様とのやりとりのないうちに、そういう基本となるところを地固めしておきたい。

それを1/11からずっと出来てなかったのを今日することが出来て、「これでだいぶ楽になる」なんて思ったりして、ちょっと快感に浸ってます(´ー`)

・・・・・・・・・・

でも、こんな考え方に落ちる自分って、多分ワークアホリックなんだと思います。

てか、ツタヤにとっては学生時代の居酒屋バイト(シフト無い日にカクテルのレシピ覚えたり)も、最初のMRの仕事(夜や休日にプレゼン資料や売り上げ予測作ったり)も、どれも楽しかったので…
仕事ってこういうもんなんじゃないの?みたいな固定観念が自分の中に出来ちゃってる気がします。
※当然、他の人に勧めるべきではない固定観念

はい、分かってます。
だから彼女がいないんだってorz

ツタヤにも妖精さんが舞い降りてこないかな…
(from 失恋ショコラティエ)

※ちなみに、ワークアホリックな人に限ってあんまり労働生産性は高くないという話ですぜorz
2014.02.23 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。