(注:このブログ、及び私ツタヤはCD・DVDレンタルのTSUTAYA様とは何も関係ございませんので、ご了承ください。)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ツタヤ@ミッドナイト・ハイテンション!(^^)!
最近真面目系??というか医療関係ネタが続いたので、たまには方向性を変えたブログ書きます。
MRからCROを見たブログだけしか書けないツタヤではない!!

そんなわけで、タイトルの通り、30代女性に対して思うこと。
ツタヤも気づけば31才で、しかも彼女いない歴は来月末で11年とかいう( ゚Д゚)
やっぱりですね、20代の頃とは、女性に対して思うことは違ってくるわけですよ。

で、ですね。何を言いたいかって言うと。
世の30代女性の皆様。
ミニスカートを履いてください。

いやいやいやツタヤ超マジです!
ツタヤ正直20代も前半の時は「えー30代で露出の高い服とか見苦しいでしょ」とか思ってたんですけど、
それは本当に見識が狭かったというしかありません!
ミニスカートを見事に履きこなして、ツタヤが「うおーーーっ!!」って思う30代女子はいっぱいいました。

※ちなみにツタヤとしては「女子」って言葉に厳密な年齢制限はないと思ってます。

でも、ですよ。
ツタヤの本意は誰でも彼でもミニスカート履いてほしいってとこではありません。
ミニスカートの似合う女性でいてくださいというのが本音です。

自分も30代なってよく分かりました。
体形も肌も髪も、結構気にかけても20代のものをキープするのって簡単ではない。
だけど、気にかけなきゃ、ツタヤだってどんどん見た目がオッサンになる。
彼女10年以上いなくて見た目がオッサンじゃ、救いようがない!!orz

でも、ツタヤの中では生きるってそういうことだと思うんですね。
決して年齢に逆らうではなく、でも老化を受け入れてばっかってのも絶対違う。
年齢に応じた最高の外見がきっとあると思うんですよ。
例えばもっと年上の男で行けば、キムタクさんや福山雅治さんとか、イケメンは年食ったってイケメンじゃないですか。
でもあれ、相当健康面とか栄養面とか、管理してると思うんですよ。

女性にもそうであってほしってことなんですね。
お酒飲みすぎとか、寝不足とか、ストレスとか。そういうのって絶対体形崩すのとか肌荒れとかを加速させると思うんですよ。
ストレスは仕事とかで仕方ないかもしれないけど、せめて基本的生活習慣は正しく保ってほしい。

ちゃんと自分の体いたわってほしいんですよ。
ミニスカート履ける体形と肌を保てる程度に。
逆に30代なってもミニスカート似合う人だと、仮に40代や50代になっても綺麗でいてくれるんだろうなーって期待持てちゃいますもん。
※いや、40代や50代でミニスカート履いてとは(今はまだ)思っておりませんが。
※そもそも30代でも20代よりは上品なミニスカート履いてほしいですが。


・・・って感じで、今日は冒頭の宣言通り方向性を変え、
結構ぶっとんだ感じのエントリにしてみました。
こんだけわがまま書きまくったんです。ツタヤだってかっこいい30代のオトコであれるようにするぞー!!!
白髪はともかく腹は出ないようにするぞー!!


追伸
ちなみに、2年半前(28才と9ヶ月頃)、こんなの書いていました。
見識が狭かったぜ

単なるミニスカフェチかツタヤはorz


スポンサーサイト
2015.12.06 / Top↑
お久しぶりです、ツタヤです。
いやぁこのところ仕事忙しい+2週間以上風邪ひいてた+そんな中週末パーティーや結婚式が3週続いたなどで、なんやら時間がありませんでした。
今日は、久々に何もすることなく、のんびーり過ごしています(´ー`)

そんな中で、ふと思ったことについて書きます。
タイトルの通り、人生って誰のためにあるのか?ってこと。

・・・・・・・・・・

仕事では、他の人に仕事を教える時間が増えてきた。
プライベートでは、友人の結婚式に参加し、余興やスピーチをする機会が増えてきた。
そういえば、うちの親も気づいたら両方還暦越えてた。

高校出て、浪人して大学入って、社会人なって。
確か27才頃までは、自分の生きたいように生きてこれた。
医学部受験失敗したのはあるけど、でも悪い大学じゃなかったし、悪い最初の会社でもなかったし。
(恋愛以外は)自分の人生を思うがままに生きてきた。

それが、いつからだろう。
自分の才能に限界を感じ、今後の人生の過ごし方自体を再考するようになって。
※いや、28~29の時です。

そして、時を同じくして親が還暦を迎えたり、祖父母が全員亡くなったり。
次は、ここから衰えて行くだろう両親を、自分が支える番って気づいて。

仕事では、自分だけがいいパフォーマンスを挙げればいいわけじゃなくなり、他の人のこととかも考えなきゃいけなくなって。

友人の結婚式だって、おそらく一生に一度しかない素敵な舞台を彩るのに自分も一役買うことになったりして。
そんなの手抜けるわけないし。

てか、自分も30才だった。
30才独身(彼女いない歴10年)、これ世間的にはあまりよろしくない…
心で「まいっか」と思っていますが、頭では分かってます。
友達はツタヤの恋愛や結婚を願ってくれる人多いし、親もツタヤの結婚と、あと孫を望んでる。笑

なんなんでしょうね。
なんかもう、自分のことだけを考えて生きていける年が、気づいたら終わっちゃってた気がするんですよ。最近。

そしてもうちょっと言えば、最近眼の下のくぼみとほうれい線が少し前より深くなったような。
これは「劣化」か!?
お腹の肉をひっこめることは過去出来たけど、こっちは多分加齢に伴うものであり修復不可能!?

そうやって、近い将来自分の外見も基本能力も、最高の瞬間は近いうちに終わる(もう終わってる?)。
「経験値」でカバーすることが出来ても、経験したことない新しい局面を、誰の力も借りず独力で切り拓くことが今より難しくなる。
これは人間の定められた宿命。

・・・・・・・・・・

自意識過剰って言われたら、多分それまでです。
お前はお前でいいんだ、って励まされたら、多分それはそれで嬉しいです。

でも、自分の人生は、自分だけで成り立っているわけじゃない。
頭で考えれば結構当然のことですが、最近目を背けられないくらい、リアリティを感じるようになりました。
自分のあり方が、職場の仲間に、友人に、親に、いろんな人に直接的に影響を与える。

タイトルにつけた「誰のための人生?」なんて問いですが…

多くの人に囲まれて生きている限り、いつか「自分のため」なんて答えが簡単に成立しなくなる瞬間がやってくる。
そして自分自身も最高の瞬間がいつしか過ぎ、独力で新しい世界に立ち向かう力に欠けて行き、いずれ自分より勢いのある誰かに依存しなければいけなくなる。

そんな気がしました。
今まさに、ツタヤがそんなフェーズにある気がします。
もうなんか、自分のことばっかり考えてられなくなった気がします。

そういや、結婚して子供が産まれたら、特にそうなっちゃうんだろうか…

・・・・・・・・・・

このブログの読者様の年代層って正直よくわからないのですが、多分ツタヤより若い方も多くいらっしゃるかと思います。

なので、若いあなたに向けて、生意気ですが言わせてください。


いつか、あなたも人の上に立ちます。
いつか、あなたの親も老います。
いつか、あなたに子供が出来るかもしれません。

一方で、いつかあなたの外見もパフォーマンスもピークを過ぎます。

いつか、自分だけのことを考えて生きていられる時間は終わるんじゃないかって思うんです。

だから、今、挑戦してほしいんです。


一方で、ツタヤもツタヤ自身に言いたいのは、
だからってあまり守りに入って自己犠牲が過ぎてもいいのか?ってこと。

誰のための人生?って
そんなの自分のための人生に決まってる!←分からず屋。爆

誰かのことを考えて、それによって自分の幸せが減っちゃうのは絶対にいけない!
誰かのことを考えるなら、それは自分の幸せを増やすためじゃなきゃいけない!


他人と自分、気遣う対象としてのバランス。
他人とのつながりを強制的に感じてしまう今後は、逆に意識的にそういったバランスを気にしてコントロールしながら生きて行かなければいけないと思います。

2015.03.21 / Top↑
かなり個人の主観に基づく意見ですが

音楽CDにDVDつけるとか握手会の参加権つけるとかと

医療保険に死亡保障特約つけるのって

似てる気がします。

そりゃ消費者は「いいもの」を求めるのでしょうが、そういうセールス手法に頼ってると、そもそもの音楽性とか医療保険主契約だったりに関して、消費者からの適切なフィードバックが受けられにくくて、結局長期的には製作者にとってメリットが薄い気がするんですよね。

って考えると、なんか販売サイドが製作サイドを支配してるケースが多い気がします。
そういや家電業界に対してダイエーあたりが価格の主導権を奪ったのも販売サイド主体なケースですよね。

売れりゃいい、儲けられればいいってのは資本主義の中ではおおかた正義だと思いますもちろん←元営業マンですし。
でも、消費者が無知過ぎて適切な感想フィードバックが帰ってこないようじゃ、そのうち売るべき商品のクオリティの成長とか改善がなくなってしまうんじゃないか?
そんな気がしました。

2015年初めから、くっだらないこと考えてるツタヤ、今回も土曜の夜中に失礼いたしました。
今年もよろしくお願いします(^^)
2015.01.04 / Top↑
「やらハタ」と「三十路独身」、結構近いものがありますよね。
2014.10.21 / Top↑
土曜の夜。このブログの更新が頻繁に起こる時間帯。
こんばんは、ツタヤでございます。

いや本当は29の途中くらいからタイトルのように悩むことはあったんですよね。
これに関して、いきなりすっごいウザい内容を記しますが。

ツタヤは
1人の時は全く酒を飲みません。
2人以上でいてもたばこは吸いません。
ギャンブルと風俗はしません(←ハマるのが怖い)。
20代の過ごし方には問題がありましたが(爆)、今はまともな企業でまともに働いてます。
借金は近日中の完済間違いなく、今後は貯金が増えます。
他、体型と財布の中身は気を遣っています。

人と話す時はちゃんと真剣に相手の話聞きます。
その上で真剣な発言が望ましい場面では遠慮なく言います。
相手が喜ぶなら結構いろんなことをしてしまいます。
場が盛り上がるなら平気でピエロになってしまいます。
ちょいと女々しいとこはある気もしますが、目の前のことから目を背けず、望まれる答えを実現しようと努めます。

真面目なようでチャラいけど、やっぱり真面目と言われます。


つまり…

結婚には向いてますよね??(´∀`)ノ☆
尻に敷いたら楽しいですよ!(・∀・)b



…すみません、調子に乗り過ぎました。
本題に戻すと、



本当はつまらない男なんです。



…ん? こら、そこ!
「知ってる」とか言うなΣ(-Д-;)


20代のうちは、3年前27才になった直後のエントリ 会社を辞めた理由 みたいなことも考えられました。
それで、若さと自分のキャラを免罪符にして、アホみたいな人生過ごしました。

だから、このブログのサブタイトル ~人生は刺激的であるべきだ!!~ に沿って、はちゃめちゃな投稿結構出来たと思うんですよね。
プー太郎日記シリーズとか、他にも覚えてないけどいろいろ。



ですが…
ツタヤも先週で30代突入です。
これから先の人生は、20代の頃のような無茶は出来ない。

そしたら、元がつまんない人間なだけに、刺激的な人生を送る術が分からない。
人生のどこにどういう刺激を求めればいいのかなって。

そんなわけで、今後の当ブログの運営について、懐疑的になりました。
このままで、誰かの心を刺激することが出来るのかって。
このままで、世界は幸せが増加する方向に変わるのかって。

・・・・・・・・・・

ブログって、書いたものがネットの世界で残るし、「だいぶ時間がたった後で検索にヒットする」なんてケースも往々にあると思うんですよ。
だから、このブログの存在を消すつもりは、今のところありません。

でも、今後仮にツタヤが自分の日常を投稿することくらいしかできなくなったら…
その時は、もうこのブログも趣旨的に終わりだと思うんですよ。

今後も出来る限り、何かを考えたり感じたり出来る起爆剤になるような投稿や、何かの情報になるような投稿は続けたいと思います。
そんでもって、それを出来る人間であろうとも思います。
それが、ツタヤの、言ってみれば「表現者」としての意地です。

その意地にも限界がちらつき始めたこのタイミングで、一度宣言してみました。
今後このブログの内容がどうなるかはツタヤ自身保障できないですが、引き続きご愛顧・ご愛読よろしくお願い致しますm(__)m

2014.08.24 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。