(注:このブログ、及び私ツタヤはCD・DVDレンタルのTSUTAYA様とは何も関係ございませんので、ご了承ください。)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
以上、被災地現状レポでした。
実際の被災地は、原発被災地・津波被災地に関わらず、テレビやパソコンで映る以上に悲惨な状態でした。

・・・・・・・・・・

今回いろいろ見て回って思ったのが、一番大事なのは募金だとかボランティアだとか以前に、忘れないこと。3.11の出来事だとか何を思ったかを忘れないこと。ということ。

今回見て回っただけでも、海沿いの市街地の壊れぶりを見るに、完全に復活するには最低5年はかかるだろうと感じられました。
原発に関しては、放射線を体で感じられるわけでないので分かりませんが、収束の見通しが立っていない状況であることは恐らく間違いないでしょう。
そういった意味で、復興するまでには何年もの期間がきっと必要になります。

ただ、人は残酷なくらいに忘れていく。マスメディアもいちいち取り上げなくなっていく。
いつか歴史の教科書に出てくるような「客観的」な出来事として捉えられるようになり、今のような募金やボランティアの熱も冷めていく。

だから最低、「客観的」ではなく自分のこととして、あの日感じたことを忘れないこと。
これが一番重要なんじゃないかって感じます。決して簡単ではないのだろうけど。

・・・・・・・・・・

最後にこの写真を載せて、今回のレポを終わらせて頂きます。

1107187

希望の松@陸前高田(小さくてすいません)
海沿いの松原がことごとく津波でなぎ倒された中、1本だけ残っためちゃくちゃ大きい松。


~関連エントリ~
2011年7月、地震から4ヶ月経って、福島県・宮城県・岩手県を回ってきました。
被災地現状レポ 1
被災地現状レポ 2
被災地現状レポ 3
被災地現状レポ 4
被災地現状レポ 5
被災地現状レポ 6
被災地現状レポ 7


スポンサーサイト
2011.07.30 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。