(注:このブログ、及び私ツタヤはCD・DVDレンタルのTSUTAYA様とは何も関係ございませんので、ご了承ください。)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
9月から新しい職につき、強烈に思うことがあります。

ヒマだ…

・・・・・・・・・・

自慢じゃないですが、ツタヤはMR時代、保険屋時代と、最低でも1日15時間くらい×週5.5~6は働いていました。
ついでに言うと、その間に電話営業のバイトをしていた時も、11時間×週6くらいは働いていました。

それに対し、今の生活
1日8.5時間×週5(土日祝完全休み)…

人生ってこんな過ごし方もあるの? みたいな。

そもそも、
パソコンって家に持って帰らなくていいんだ!!!

いやぁ何て言うか、その、
1日が超長い!!!

ぶっちゃけてしまえばMR時代から比べれば年収は3分の2くらいになりましたが、それでも時給換算したら今の方が3割くらいいいぞ!ということに(^_^;)
給料は確かに減ったけど、それを補って余りあるくらい、QOLが高くなっている気がします。

でも、ここでツタヤは思うのであります。
「物足りない…」

・・・・・・・・・・

そんなわけで、実は今日は日雇いの派遣で事務所移転のアルバイトに行ってきました。

日雇い派遣は季節性の肉体労働や単純作業中心で、社員さんでもなければスキルとかはほとんど尽きません。
以前のエントリ フリーターの罠 ~時給1000円で売らなければいけないもの~ に書いたのですが、「将来の可能性」が潰れます。

でも、会社員や他のバイトと掛け持ちで、休みの日にスポットで入れて、それでいて休みやすい仕事って、他になかなかないと思うんですよ。
それにCRAは逆に知識や学術的コミュニケーション主体で、労働時間が仮に長くても「肉体労働」ではないので、なんかこう、自分の中でバランスを取ってたくなりました。

でも、この発想がいけないのかもしれません。
せっかく出来た時間を、仮に高い賃金であれ「仕事」に回してしまっていたら、結局趣味だとか恋愛だとか、生きるための「奥行」だとか、さらに成長していくための「足場の補強」とかにつながらないような気がして。

何て言うか、ワークアホリック。仕事をしていないと、不安なのかもしれません。

・・・・・・・・・・

日付が変わって、今日でMRを辞めて1年。
人生のカジを大きく別な方向に切れるチャンスが、今自分の手の内にあるってことを、しっかり認識しなければいけない気がします。


スポンサーサイト
2012.09.30 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。