(注:このブログ、及び私ツタヤはCD・DVDレンタルのTSUTAYA様とは何も関係ございませんので、ご了承ください。)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
いや何て言うんだろう…

友情とか恋愛とか関係なく、「?」で終わった質問系メールが帰ってこないだとか、あと決して重要ではない約束を破られた時って、正直簡単には怒れないじゃないですか。
それくらいで怒ったら、小さな男みたいで。

正直、営業職経験したからか、そういう「小さなこと」ってすごく大事にするようになったんですよね。
メールはどんなくだらないものでも出来るだけ早く、かつ受け答えになってるもの返すとか。
したかしてないかはっきりしない約束だって、直前には「ところであの件どうする?笑」って確認するとか。
だけど、こういうこと出来てない人って、ツタヤから言わせると本当に多い。

いや、きっとその人も自分が本当に大切にしてる人にはちゃんと出来てるのかもしれないけど…
それを分け隔てなく誰にもやってる人は本当に少ない気がします。
って言うか、自分がされてないような気がします。多くの人から。

だから寂しいんだと思います。
自分はこんなにみんなのことを大切にしてるのに、自分は相応に大切にされてないような気がして。

まぁ、そんなのエゴだって分かってるんですけどね。
でも、そこで怒らないように振舞うには、敢えて自分がその相手との距離を遠めに保っておく必要があって。
近づきすぎると、ほんの些細な齟齬さえ許せなくなってしまう気がして。

で、大人であろうだとか、大きな男でありたいとか思って、結局無関心を装えるくらいの距離を保っちゃって。
みんなのこと好きなのに、みんなのことを許容できる自分であるために、あえて心の距離は一定以上を保ってるとか。
「最大の愛は最小の力」って、こんなとこでも成り立つのか…?みたいな・ω・

ってか自分、何様だ?

・・・・・・・・・・

みんな自分のことでいっぱいいっぱいなだけで。
きっと悪気なんてないと思うんですよ。

だからこそ、逆に言えない。
大人ですもん。男ですもん。
とかリアル世界では強がってみても、こんなふうに女々しくブログで書いてみる。

結局ダメだな、自分・ω・ まさにこれぞ小さな男。

まぁ、しょうがねぇか。
よく「あんたは寂しがりだ」って言われるけど、確かに当たってるのかもしれません。
1人でいることは得意なはずなのに。8年間彼女がいなくても寂しいと思ったことほとんどなかったのに(!?)

結構昔から「与える人になりたい」って思っていました。
けど、本当に「与える人」になるとしたら、まずはこういう不満とか寂しさに耐えなきゃいけない気がします。
与えた分だけ返ってくるとは限らないって。

人との付き合い方って、やっぱり今でも難しいなぁ。


スポンサーサイト
2013.01.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://2taya815.blog79.fc2.com/tb.php/103-89517591
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。