(注:このブログ、及び私ツタヤはCD・DVDレンタルのTSUTAYA様とは何も関係ございませんので、ご了承ください。)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
本日、有難くもこのブログを読んでくださっている方から「最近更新してないじゃん」というご指摘を頂きました。

ごもっともです…(´∀`)

ブログって1つ書くのに意外と時間かかっちゃうから、最低2時間くらいまとまった時間を取れる時しか更新してないんですね。
でも言い訳してたらサボり癖がついてしまいそうなので、ここらで1発☆
一応今週末か来週末にももう1つ書くつもりですので、もしよろしければそちらも

・・・・・・・・・・

さて、タイトルにも記しましたがツタヤは原発反対には反対です。

いや決して積極的な賛成ではありません。
ただ、安易に反対している方々を見ていると本気で疑問を抱きます

実際仮に原発を全部廃止したとします。
こうなった場合同じ量の電気を生み出すためのコストは、代替が火力であれ自然エネルギーであれ、今よりも大きくなります。
そうなった場合、電力事業主(今は東電など)が赤字経営を免れるためには電気代を上げざるを得ません。東電がどれだけリストラをすすめようと、利益を確保するためには電気代は上げる必要が出るでしょう。
そうなった場合、もちろん家計は圧迫されます。が、それだけでなく国内の第2次産業も生産拠点を海外に移すようになり、特に太平洋ベルト地帯を中心に雇用も不安定化するでしょう。そうなったら、日本はより経済的に衰退します。

そもそも、火力は化学反応のエネルギーを、水力は落下エネルギーを電気エネルギーに変換しただけ。恐らく自然エネルギーもただ他のエネルギーを電気エネルギーに変換させるだけでしょう。
それに対し原子エネルギーは質量保存則を無視して、質量をエネルギーに変えてしまう(そこはアインシュタインの"E = mc2" (Eはエネルギー、mは質量、cは光の速度)とかいう式に従う)。エネルギーの発生効率が全然違います。これを生かさないのは正直もったいないと思います。
孫正義さんの試みは本当に素晴らしいと思いますが、例えて言えば車よりも早く走る馬をつくるために品種改良を繰り返しているようなもので…なんというか根本的な概念が違うと思うんですよね。原子エネルギーは、特別だと思うんです。

・・・・・・・・・・

このツタヤの考えがどこまで合っているのかは分かりかねます
ただ、「原発反対!」と言っている方々はこういったところまでちゃんと考えてモノを言っているのかというところが甚だ疑問です。むしろ多くの原発反対派の方々は、失礼承知で申し上げれば、ただ何も考えず感情論を吐きまくっているだけな気がします。

理想だけなら誰でも語れます。問題は、その方法論は妥当かってところです。
上だけ見て足元をしっかり見ていないようなら、間違いなくコケます。
(最も、ドイツに関しては石炭があるため火力でもやっていける気もしますが…)

とにかく、浅はかな思慮のもと「反対」とか言うのが最もいけないことだと思います。


・・・・・・・・・・

むしろツタヤとしては「原子力をいかに使わないか」ではなく「いかに安全に使うか」が重要ではないかと思います。

例えば薬だって有益性が副作用を上回れば使われます。そしていかに副作用が出ないように使うかが検討されます。薬そのものを廃止することは滅多にありません。
それと同じでいいと思うんですよね。放射性物質の拡散その他制御不可能な核反応を回避する、もしくは発生しても止めるor閉じ込める仕組みがあれば、別に問題ないのではないかと思います。
そしてこういった仕組みを開発する方が、自然エネルギーの発電効率を原子力並みに持っていくよりは数段楽ではないかとも。

もしくは、いっそのこと国内の全ての原発周辺をチェルノブイリのような立ち入り禁止の空白地帯にしてしまえばいいじゃんと。
仮にそうしたとしても、原発を完全に排除して国全体が中長期的にも衰えるよりはメリットが大きいのではないでしょうか。

はたまたもしくは、現行の核分裂でなく核融合として原子エネルギーを取り出すなど。
核融合なら放射性物質は出るものの、核分裂よりは「汚染」という面では安全なようです。

・・・・・・・・・・

あぁー結局いつもくらいの量書いてしまった…
書き出すと止まらない

本日はちょっと?危険なツタヤの考え方を書きました。
言論は自由です!むしろ「こういう考え方のやつもいるのか」とか思って頂ければ有難いです
スポンサーサイト
2011.07.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://2taya815.blog79.fc2.com/tb.php/23-f6c9e183
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。