(注:このブログ、及び私ツタヤはCD・DVDレンタルのTSUTAYA様とは何も関係ございませんので、ご了承ください。)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
そんな感じのこの頃。
30才になって、ある程度の時間が経過し、ツタヤの中でも例えば3年ほど前とだいぶ変わったところが出てきた気がしたので、ここに記そうかなと思いました。

・・・・・・・・・・

大きな変化は、人と酒を飲む機会が増えたこと。
20代の頃は確か月6回が最高だったと思いますが、
30代入って、10月は11回、今月も現時点で6回と、激増。

それに伴って、交際費も激増…orz

いや正直、最近になって体がアルコールを求める感覚を覚えてきたんですね。
お酒が入ってないと、なんかこう精神的にもごもごするというか…
これ、アルコール依存の序章?と思うことも時々。

自分としては、あんましいい傾向じゃないと思います。
飲むことで、気を紛らわして、「まいっか」って気分になれる。
何ていうか、お酒って、フラストレーション生成の抑制剤な気がするんですよ。
そんな意味での飲みに誘われる機会が生じてきました。

でも、そんなお酒って、精神的においしくないと思います。
やっぱお酒は、祝い酒か決意の場で飲む酒、あと再会記念の酒とか、ポジティブなものがいい。
思考を停止させる酒、自己弁解の酒ばっか飲んでたら、どんどん心の牙もなまるし、酒が腹の肉と顔のしわに変わるし、身も心もオッサンになってしまう。

どんな意味でお酒をどう飲むか。
30代に入って急にお酒を飲む機会が増え、お酒との付き合い方を考えるようになりました。

・・・・・・・・・・

あとは…
そろそろ彼女いないことに関する危機感が生じてきました。

ある意味自慢になりますが、ツタヤは結婚式には結構呼ばれます。
現時点で25人、今年2014年だけでも通算7人のイベント(披露宴・2次会等含む)に行きました。
そんなわけでそれなりの人たちの結婚を見届けてきましたが…

見れば見るほど羨ましくなりますorz

少し前のエントリでも触れましたが、「三十路・独身」てのは、遠慮なく言ってしまえば「やらずにハタチ」と同じようなもんだと思うんですね。
今でこそ都会を中心に平均より多くなったみたいですが、やっぱ結婚できる人たちは今だって早々に結婚していく。
そんな意味じゃ、結婚できない人ってのは、何かしら結婚できないなりの「問題点」ってのがある気がするんですね。
売れ残る理由ってのが。

でも誰でもいいから結婚したいかって言えば、そういうわけではない。
もう少し言えば、誰でもいいから付き合いたいかって言えば、そうでもない。
「この人じゃなきゃいけない」って思える何かがあってほしい。
ちゃんと付き合った先に、結婚した先に、取り換えのきかない幸せがあって欲しい。

…って望みが高望みなんでしょうかね?そしてこれが問題点?

でも、無駄打ちしたくないなーって20代半ば頃から思い始めて、
それが今になってより強くなって、
そんな状態じゃもうブレーキがかかりすぎて1歩踏み出すことさえ躊躇ってしまう。
けどやっぱ無駄打ちしたくない。

あ、これも問題点だ!

やばいこの話題についてはまとめられないからこのへんで切り上げます!
お後がよろしいようで…(本当か!?)

・・・・・・・・・・

そんなわけで、30代も板についてきたこの頃。
思うのは、いろんな意味で、まだ諦めたくない。

じゃあ何するのかって、それが分かってない。
でも、だからって思考停止したくない。
下手にお酒に逃げたくないし、「数撃ちゃ当たる」的恋愛に逃げたくもない。
本当に追うべきものを追うために、身軽であった方がいいならそれもやむを得ないし、
まだまだ自己研鑽が必要なら、それもやむを得ないと思います。

なんか辛いけど、諦めるにはまだ早い。
ぶれ気味だけどまだ折れたくない。
そんなこんなで、書いてるうちに1つ思ったのは、
もう疲れちゃったけどまだ頑張ろう。ということ。

人生は刺激的であるべきだ。
それがこのブログのタイトルであり、ツタヤの人生のテーマみたいなもの。
年齢的にオッサンだけど、気持ちまでオッサンにならないようにしようと思います。


スポンサーサイト
2014.11.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://2taya815.blog79.fc2.com/tb.php/231-8786df41
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。