(注:このブログ、及び私ツタヤはCD・DVDレンタルのTSUTAYA様とは何も関係ございませんので、ご了承ください。)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
何をいきなり? と思ったアナタ!
お願いです書かせてくださいm(__)m
僕だって24才からMR3年半、プー太郎半年、保険屋4ヶ月やってるんですから。それなりのもの見れてますんで。

で、結論から申し上げますと、今の時代のヒト、モノ、カネの序列としては、タイトルの通り

カネ > モノ >>> ヒト ・・・(!)

と言って過言でないと思います。

ちょっと数式を使ってしまったので、ここは高校数学の証明問題風に説明してみます。
まず、上記(!)式について

(!) ⇔ 「①.カネ > モノ」 かつ 「②.モノ >>> ヒト」  ※「⇔」:同値(等しい)

という関係が成り立ちます。
なので、(✩)に関して①式.②式の2つに分けて、それぞれを証明します。

・・・・・・・・・・

①.カネ > モノ な理由

デフレなので。以上。

…で終わらせるのもあまりに味気ないので、もう少し補足すると、若者はお金がなくて子供を2人以上つくれないですとか、将来的な年金がどうなっちゃうの?という問題で、特に若い世代を中心にお金の不足は頭の痛い問題となっております。

そんな背景もあり、例えば住宅ローンの金利はかつてないほど下がっているにも関わらず、新築住宅はあまり建てられない状況となっております。
「持ち家は資産!」なんて言われていた時代だってあって、さらに耐震・耐火性能強化した長期優良住宅だって出てきたのに、この有様。

テレビを始め多くの家電だって、もはや買い換え需要もなく売れ行きも伸びてませんよね。
家電業界の大型店同士の合併がその象徴かと思います。

いいモノがあっても売れない。ちょっと値引きしたりポイントつけたり金利を下げたりしても売れない。
こんな現状から、カネ > モノ という関係はいかんせん疑いにくいものかと思います。

以上より、①.カネ > モノ が成り立ちます。

・・・・・・・・・・

②.モノ >>> ヒト な理由 

問題です。
xという商品を作っているX社の営業マンと、その対抗品であるyという商品を作っているY社の営業マンが、同じ時期にあなたのものにやってきました。その系統の商品はちょうど必要な時期だったので、どちらかから買おうと思いますが、何を判断基準にしますか?(2つまで選択可)
A.値段
B.性能
C.営業マンの人柄



もはや確認するまでもありませんよね。
営業マンが判断基準になる場合なんて、値段と性能が2つの商品間で張り合っている場合だけですよね。
と、「カネ、モノ > ヒト」くらいなら言えたかと思いますが…
でもここでこんな選択肢があったらどうしますか?

D.いやいや、xとyを価格ドットコムで調べてから通販で買う。営業マンはその後もいろいろ勧めてきそうだし。



ここで「カネ >>> ヒト」と「モノ >>> ヒト」が同時に言えましたよね。

以上より②.モノ >>> ヒト が成り立ちます。

・・・・・・・・・・

(!)の証明

以上2つのパラグラフで、①、②が成り立つことが分かりました。

ここで、① かつ ② ⇔ (!) すなわち カネ > モノ >>> ヒト

であるので、

カネ > モノ >>> ヒト

が言えました。(証明終)



えっ(;゚Д゚)!? ②の説明が不十分!?
分かりました。では次回、今の時代は カネ > モノ >>> ヒト (その2 モノ >>> ヒト の例示) にて具体的な例を挙げていきます!!!

~関連エントリ~
営業マンの存在意義について書いてみた→営業マンの存在意義

スポンサーサイト
2012.07.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://2taya815.blog79.fc2.com/tb.php/69-89c5c03d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。