(注:このブログ、及び私ツタヤはCD・DVDレンタルのTSUTAYA様とは何も関係ございませんので、ご了承ください。)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ツタヤには、去年の同じ時期にMRを辞め、そして保険屋仲間でもあった友人がいます。

彼女はMRを辞めた後、半年プーしてたツタヤとは違い、すぐに某外資系の生保会社で働き出しました。
よくお互いの近況とか、やりたいこととか、考えとかを語ったのですが、彼女の保険にかける情熱は熱く、しかもでっかい夢を持っていて、その実現のために頑張っていて。会うたびインスパイアされてました。

ですが、ツタヤが7月に独立諦め保険も辞めてから2ヶ月。
先月末、彼女も1年と1ヶ月勤めた保険業界を離れました。

知らせを聞いた後、リアルに涙が出ました。
ツタヤのメインの目的だったのは独立、対し彼女は純粋に「保険」って概念に共感し頑張ってた部分も大きいため、目的に若干差はあるのですが。
でも「心の中の大切なものを諦めた」という点は同じだと思うんですよね。
2ヶ月前の心の痛みがつい思い出されて、自然と心が痛くなってしまいました。

・・・・・・・・・・

って、別に自分に関係あることではなかったのですが。この1件で、本当によく考えました。
自分って存在が、今後どうあるべきかって。

夢だとか目標だとか、そういう心の中で大切にしているものを断念する時の気持ちは、多分人が経験する心の痛みの中でも相当上位にくるものではないかと思います。
とりあえず、言葉になりません。というか、言葉が出ないんですよ。
悔しさ虚無感や喪失感だとか、自己疑念や自己嫌悪まで入って。あらゆる負の感情を1つの壺に押し込んでかき混ぜて圧縮したような、そんな気持ちが心を支配して、思考停止に近いボーゼンとした状態になっちゃうんですよね。
なので言葉を紡ぎたくても、どんな言葉をあてがっていいのか分からなくなる。

ある意味理性の限界に迫っている感じなんですよ。気持ちの琴線が切れると、いつでも泣き叫べるような。そしていつまでも泣き叫べるような。狂ってしまうほどに。

個人的には、平均的な失恋の3~5倍はキツいと思います。
(異性と違って、しっくりくる夢や目標って、そんな見つけられるものでもない + 区切りをつけざるを得ないような夢や目標って、往々にして本気の夢や目標だったりするので)

それくらい痛いんですもん。
挫折してしまった人は沈みもしますし、斜め向きたくもなってしまうと思うんですよ。二度とそんな気持ちになりたくなくて。

・・・・・・・・・・

でも、だからって悲劇の主役してるようじゃ、結局その人自身の品位を下げちゃうだけなんですよね。
下とか斜め向いてしまったままじゃ、黙っててもマイナスオーラを他人に伝染させちゃうし。
ましてや仲間を作りたくて意図的に「ドリームキラー」になってしまうとかは最悪のパターンだと思います。

逆だと思うんですよね。
それだけ痛い経験なら、泣きべそ書きながら真正面から受け止めないといけないと思うんですよ。
そして、痛みを引きずりながら、十字架を背負いながら、前向いて生きてくしかないと。

って、「言うは易し」なんですけどね。

ただ、例えば人間って子供の頃はみんな何かしら夢持ってたと思うんですよ。学校の先生になりたいとか。
そういうこと思うと、人って本当は誰しもが元々前向きだったと思うんですね。
それが、思春期や青年期とかに人並みに傷ついていくと、中には多感な人が過度にネガティブになってしまったりとか…

逆に、今沈んでしまっていたり、もしくは斜め向いてしまっている人は、そうならざるを得ないような、本人にとって痛々しい出来事があったと思うんですよ。
…ってことを、多分挫折してあの痛い気持ちを経験した人なら、頭じゃなく心で分かると思うんですよ。ああいう辛い経験があれば、心が折れかねないって。

それって、後天的に宿った才能だと思うんですよね。
単に「うん、うん」って聞ける以上に「分かる!辛いんだろね(ToT)」って共感(むしろ共有?)出来たら、それだけで孤独感や無価値感とかが何十分の1にも軽減できると思うんです。

その上で、「あの時自分が前を向くために欲しかったもの」「立ち直るためにしたこと」だとかを思い出して提供することができたとするじゃないですか。酒だとか、新しい仕事だとか!もしくは単純に話を聞いて欲しいとか。
人って元々は前向きだから、そこでもし「負けないで」とか「一緒に頑張っていこう」とか心からの応援(むしろ願い)が伝われば、きっと前を向く力って戻ってくる気がするんですよ。

・・・・・・・・・・

人って弱いから、嬉しい時に一緒にワイワイしてくれる人と同じかそれ以上に、悲しい時に共感してくれる人を探してしまうと思うんですね。
なので、「成功した強い人」より「挫折を経験し、それでも前を向いてる優しい人」の方が、きっと世の中をより幸せに出来る。

挫折を経験した人って、同時にすんごい才能を手にしているって、言い切っても嘘じゃない。

挫折を乗り越えた人は、きっと下や斜めを向いてしまった人の心の隙間や、その隙間風が冷たすぎて痛いことを理解し、そこを前向きな暖かい何かで埋めていける。
もしそうやって多くの人の心のマイナスがプラスに変わって行ったら、きっとこの世の幸せの総量は上がるはずなんですよ。

・・・・・・・・・・

冒頭の友人は、直前に彼氏さんからされたプロポーズを受け、近いうちに四国に行くことを決めました。
今度もコントラクト営業をやるようですが、利発で優秀な人なので、もう何社か内定出ているようです。
まぁつまり、既にほとんど立ち上がってるってことですかね笑

今後彼女がバリバリ仕事を続けるのか、それとも家庭を築き守っていくのかは分からないですが、ツタヤが望むことは、今回の心の激痛を絶対忘れないで欲しいということ、その痛みをプラスの力に変えてしまうこと、そして多くの人にその前を向くための力を与えて欲しいということ。

ついでに言うと、それはツタヤ自身も同じ。
自分も曲がりなりに辛い体験して、共感できる幅ってかなり広がった気がするんですね。
独立諦めて辛かった・悔しかった気持ちは120%くらいまで食い尽くして、それで多くの人に少しでも前向きな力を還元出来たらと思います。

挫折した時の痛みは半端じゃないけど、それはきっと「心の成長痛」!
耐え切って思い切り成長してやる!この世をよりよくしてやる!

(今回ノーデコレーションですいませんm(__)m)
スポンサーサイト
2012.10.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://2taya815.blog79.fc2.com/tb.php/82-43994e5d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。