(注:このブログ、及び私ツタヤはCD・DVDレンタルのTSUTAYA様とは何も関係ございませんので、ご了承ください。)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
まず前回の補足ですが…
患者さんが病院や薬局から薬をもらう際の薬の価格は、先発品もジェネリック品も、厚労省の関連の機関が(2年ごとに)決めており、全国一律で適応されております。
同じ薬なら、患者さんとしてもらう場合、どこでもらっても払うお金は同じになるんですね

ちなみに病院や薬局がメーカーや代理店から仕入れる場合は特に決まりはないので、利益を出したい場合、なんとかして上記の価格よりも安い値段で仕入れようと頑張ります。
各代理店と交渉して、そして値切ります(最近は特にえげつないらしい)

・・・・・・・・・・

そんな感じで。補足終了。
ここから今回の話に入っていきます。

前回はジェネリック医薬品の良い点をまず挙げました。安いっと。

でも、それ以外に特に良い点があるようには思えません。
一方で、悪い点はけっこうあると思うんですよね~

誤解を恐れず言ってしまえば、ツタヤが考える点としては

①品質は先発品と同じなんて、嘘
②営業マンに薬の知識がないことが多い
③普及すればするほど、新しい薬が出来なくなる


といったところです。

これら①~③についてそれぞれ詳しく言っていくと…

とても今回だけでは書ききれないと思いますので、また次回1コずつ詳述してこうと思います!(あと4回予定)
それでは皆様、失礼いたしまぁす


~関連エントリ~
何がジェネリックだよ 1
何がジェネリックだよ 3
何がジェネリックだよ 4
何がジェネリックだよ 5
何がジェネリックだよ 6
スポンサーサイト
2011.04.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://2taya815.blog79.fc2.com/tb.php/9-875e64f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。